人材

ムラタではイノベーションの原動力となる「従業員のやりがいと成長(ES)」を人材に関する最も大事な価値観に据えています。一人ひとりの力を活かし、伸ばし、相互信頼をもとに連携することが、日々の仕事の中で実現できる企業であるために、さまざまな取り組みを行っています。

人を大切にし、
成長を支援する

人材の採用

ムラタでは社是に共感し、従業員に求める「自ら考え、自ら行動する」「周囲を巻き込みチームワークを大切にした仕事の仕方をする」「高い目標にチャレンジする」「こだわりを持って、最後までやり遂げる」「スピードを大切にする」の要素を持つ人を採用しています。この要素いずれに強みを持っているかは人によって違い、それが多様性に繋がると考えています。また、多様な人材の採用のために、バイタリティに溢れる人材を求め、積極的な中途採用も行っています。

また、女性の活躍を推進していくため、新卒女性総合職採用においては、女性比率目標(技術系10%、事務系40%)を掲げ、2018年度は各10%、49%と達成しました。

新卒採用総合職における女性比率

人材の育成

人材育成には最も力をいれています。「人材育成基本方針」を制定し、「個人の『育つ力』、上司・職場の『育てる力』、会社の『育む力』の3つの力を高めていくことで、育ち・育てあう風土を実現する」取り組みを行っています。

「育つ力」を高める例として、次世代のグローバルビジネスリーダーを育成する研修を強化しています。コンピテンシーに基づくコーチング・アクションラーニングを中心としたプログラムの実施や、全世界のビジネスリーダー候補者を集めた研修等で将来のムラタを支えるリーダー人材の相互啓発を図っています。こうした取り組みをグローバルに展開するために海外拠点および日本の人事担当者が集まるグローバル人事会議を定期開催し、現状分析や今後の課題について議論しています。

多様な個の力を活かし、連携する風土を作る

ダイバーシティ&インクルージョン

ムラタでは、ダイバーシティ&インクルージョンを、性別・年齢・人種等、目に見える多様性だけに留まらず、思考・知識・経験・視点など目に見えない特性や強みを受け入れ活かすことと捉えています。従業員全員が共有する“Innovator in Electronics”のスローガンのもとに、多様な人材によるさらなるイノベーションの実現を目指して、ダイバーシティ&インクルージョンを推進しています。具体的には「浸透活動」「マネジメント層の理解促進」「属性に応じた施策の実施」の3つの軸をおき、以下のような取り組みを行っています。

◯浸透活動
ダイバーシティ&インクルージョンをテーマとした役員主催研修の実施
M-DIP(Miura Diversity & Inclusion Plaza)の設置
◯マネジメント層の理解促進
社内講習会の実施
◯属性に応じた施策の実施
女性活躍推進法行動計画の実行
シニア層へのキャリア研修・カウンセリングの実施

※M-DIPとは、従業員の多様な知見や能力、視点を活かしていくことを目的として2016年に村田製作所で立ち上げた委員会です。社内公募で集まったメンバーが、ダイバーシティ&インクルージョンに関するウェブサイトの開設、講演会の実施、対話会の実施等の推進活動を行っています。